西洋占星術とは

西洋占星術の概要

西洋占星術はアラブ世界や西洋諸国で発達してきた占星術の体系で
ヘレニズム時代に成立した体系が基盤となっておりホロスコープを用います

西洋占星術の起源

西洋占星術の起源はバビロニアといわれる。
[エヌーマ・アヌ・エンリル](紀元前1000年前後)はそうした前兆をまとめたものである

西洋占星術用語

黄道十二宮

十二宮は黄道を12に分割して得られた区画。一般的な西洋占星術では天の赤道と黄道の東側の交点である春分点から十二宮の起点である白羊宮を始めるトロピカル方式を採用している。
※トロピカル方式
西洋占星術を代表とするホロスコープを用いる占星術において獣帯を黄経で12等分したそれぞれの領域です。獣帯とは天球上の黄道を中心とした惑星が運行する帯状の領域です

サイン

西洋占星術では十二宮のサインは12の基本的な個性を表すものと言われています。12のサインは、火、水、空気、土の古典的な四大元素に分類されます。同時に活動宮、不動宮、柔軟宮という三分類もされています
白羊宮
「火の宮」活動宮、男性格
性質は個人主義的、知的、情熱的、激情的、直情的など
場合によって我儘や尊大やプライドの強さがでてきます。主に「自分」や「自己意志」を司るサイン
金牛宮
「地の宮」不動宮、女性格
性質は、機知に富むこと周到さ我慢強さ頑強さ芸術的など。緩慢さ、頑固さ、欲深さ、主観的などにも結びつくこともあります
双児宮
「風の宮」柔軟宮、男性格
性質は論理的、活動的、二重性、好奇心の強さや移ろいやすさや社交的など。二面性、言語に厳密等にも結びつくこともあります
巨蟹宮
水の宮、活動宮、女性格
性質は保護的敏感さ粘り強さ愛情深さなど
獅子宮
火の宮、不動宮、男性格
性質は、気前の良さ、誇り高さ、快活さ、力強さ、独創的、高貴さなど。場合によっては 傲岸さ、横柄さ、利己主義などに結びつく。主に「遊び」や「自慰」を司るサイン
処女宮
地の宮、変動宮、女性格
性質は、実践的、批評的、謙虚さ、精神的な活動、有能さ、柔軟性など。場合によっては、衒学的、批判過剰、気難しさなどに結びつく。主に「整理整頓」や「実務に有能」を司るサイン
天秤宮
風の宮、活動宮、男性格
性質は、交渉上手、公正さ、開明的、魅力的、必要に応じたパートナー関係など。場合によっては優柔不断さ、屁理屈屋に結びつく。主に「相対関係の均衡」や「バランス」を司るサイン。
天蠍宮
水の宮、不動宮、女性格
性質は、知覚の鋭さ、秘密主義、複雑さ、分析的、魅惑的、野心的、など。場合によっては、嫉妬深さ、狡猾さ、残酷さなどに結びつく。主に「応用性」や「死」を司るサイン。
人馬宮
火の宮(ホット、ドライ)、柔軟宮、男性格
キーワードは「我は感知する」。性質は、率直さ、外向的、発展的、楽観的、哲学的、知的など。場合によっては、無頓着さ、大失態、デリカシーのなさ、心変わりの激しさなどに結びつく。主に「万能性」や「哲学」を司るサイン。
磨羯宮
地の宮、活動宮、女性格
キーワードは「我は使う」。性質は、思慮深さ、用心深さ、我慢強さ、几帳面さ、控え目など。場合によっては、憂鬱さ、悲観的、融通の利かなさなどに結びつく。主に「社会」や「現実面」を司るサイン。
宝瓶宮
風の宮、不動宮、男性格
キーワードは「我は知る」。性質は、客観的、因習に囚われないこと、人道主義的、賢明さなど。場合によっては、独善的、冷淡さ、気変わり、エリート主義的などに結びつく。主に「友人」や「更新」を司るサイン。
双魚宮
水の宮、変動宮、女性格
性質は、創造力の豊かさ、多面性、情け深さ、理想主義的、スピリチュアルなど。場合によっては、現実逃避、腹黒さ、注意散漫、主体性の無さなどに結びつく。主に「幻惑」や「潜在意識」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL