姓名判断とは

姓名判断とは

姓名判断の概要

占い方

占い方は流派や占い師によって異なりますが
人の姓名からその人の性格や人生の浮き沈み、職業の相性、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、
病気の有無等など人生に関わる総合的な事柄について診断をし占うという特徴があります

五つの運

天格(祖格)

姓の総画数。祖先運ともいいます。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされておりますが
天格だけで吉凶は判断しません。天格単独ではなく姓と名の画数の関係が姓名判断においては重要であるとされています。又婚姻によって姓が変わると配偶者の一方は婚姻後には天格が変わり総画も変化することになります

人格(主格)

姓の最後と名の第一字を足したものです。主運ともいいます。
姓と名両方の画数を用いることから姓名の中心、五運の中核と言われます。
同一の格数であっても姓と名からどのような画数が組み合わさっているかによってその運勢も左右されます。
人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運や中年期の運勢に影響を与えます。
人格が吉数であれば性格面で良い影響が現れ、逆に凶数であれば悪い影響が現れます。人格自体は性格面を表す数ですが対人関係に影響し、この数が仕事運や家庭運を司ることにもなります。

地格

名の画数の合計。一字名でもその人の性格をあらわす。霊数は加えない説と加える説が両方ある。
幼年期の運勢をあらわし、人物の成長過程に強い影響を与えるため性格、才能、金運、適職に関与します。
原則的に人格が人間の内面を表す数であるのに対し地格は「他者からの評価」を表す数である。吉数であれば、他人から良い目で見られ社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。上の金運や適職に関与するとはここから導かれる帰結です。

外格

総格から人格を引いた画数。一字姓、一字名の場合はそれぞれ、霊数を用い 1 を足す。姓も名も一字の場合は 2 を足します。
家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢
人生は人間関係によって決まるといっても過言ではないので他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であれば友人配偶者上司先輩等に恵まれます。

総格

姓名の総画数。霊数は加えない。人生の後半から影響していき
晩年の運勢に大きく影響する。

霊数

一字姓・一字名の場合に足す数。本来姓名判断では二文字以上の姓名を前提として鑑定方法が確立されているので一文字の姓名においては人格・地格・外格の鑑定の際、仮数として1を加えて鑑定します。この仮数を霊数です。但し鑑定士によっては霊数を加えずそのままの数で鑑定します。大抵の鑑定士では総画の判断においては霊数は加えませんが20歳以上の場合のみに霊数を加える流派もあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL