タロット占いとは

タロット占いの概要

タロットあるいはタロットカードは占いなどに使用されるカードの名称。
タロット占いでは78枚1組で使われています。その内訳は1から10までの数札、
4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナに分けられます

タロットの起源

タロットの起源発祥は現在不明である。記録上辿れる限りでは1392年の「シャルル6世のタロット」が最古であるがこれは現存していません。シャルル6世が画家ジャックマン・グランゴヌール に作らせたものですが現存していないため現在のタロットとの違いは不明。次いで古いのは1415年にフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ公爵が秘書トルトナに作らせたという「ミンキアーテ版」です。これも当時のものは現存していないが、後世に作られた複製が残っているので内容を知ることはできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL