風水とは

風水とは

風水の概要

風水は古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた占術

起源

風水の起源は殷・周時代の「卜宅」にあるとされます。これは宅地や村落の吉凶を占うもので、後の「陽宅風水」の基礎となります。一方、晋の時代には郭璞の撰による『葬書』が成立し、「風水」の語が誕生するとともに後の「陰宅風水」の基礎となった風水の思想は唐代に非常に盛んになり陰陽説や五行説が取り入れられ、唐代末には形成学派が誕生する。さらに宋代には羅盤をもって吉凶を占う方位学派が誕生します。明・清時代になると両者の区別はあいまいになり現在の「風水」となります

流派

風水には「巒頭派」と呼ばれる系列と「理気派」という系列があります
巒頭派は土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり江西省で発達したことから江西学派とも呼ばれます。理気は陰陽五行思想や八卦、易理、方位など目に見えないもので判断する方法であり福建省で発達したことから福建学派とも呼ばれます

理論

巒頭風水では大地における気の流れを重視し龍脈からの気の流れが阻害されておらず
運ばれてきた気が溜まり場になっているような土地に都市や住宅を建造しなければならないとします。
理気風水では方位の吉凶を重視し個々人の生年月日によって決定される方位の吉凶にもとづき
住居や墓の方位住居内の配置などを決めます。

尚風水理論を盛んに行っている都市としての代表例に香港があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL