家相とは

家相の概要

家相は土地や家の間取り、それによって住人の運勢を知る占術
風水と同じく中国から伝来した陰陽道の1つです

陰陽道との関連

奈良時代に中国から仏教とともに伝来した風水思想の中で居宅を「陽宅風水」
墓地を「陰宅風水」とする思想がありその「陽宅風水」が日本で独自に発展したものが家相です。
日本独自の発展なので中国に家相はありません

日本での扱い

平安時代頃から安倍氏、賀茂氏などの陰陽寮の陰陽師により方位や月日の吉凶が記された陰陽雑書などが記されます
現代では建造物の向きや室内設備の方位の吉凶をさまざま論じているが当時は室内設備の吉凶はなく
「井戸」「竈」「厠」の吉凶の記載に限られています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL