奇門遁甲とは

奇門遁甲

奇門遁甲の創始伝説によると黄帝が蚩尤と戦っていた時に天帝から授けられたとされる方位学の一つ。
この占術は諸葛孔明が軍略に用いたという説もあります。

起源

奇門遁甲についての最古の文献は中国唐代に李筌によって編纂された張良の口訣を伝えるとされる「陰符経註」や
兵書の「神機制敵太白陰經」に付けられた「巻九遁甲」

占い方

年盤、月盤、日盤、時盤でそれぞれの時間軸における吉凶を判断します
移動範囲と行動時間が長いほど方位の作用が出やすくなると言われておりその効果は年盤の場合、数年間にも及びます
 九星気学による吉凶方位はその人の生年月日によって異なるのに対し奇門遁甲出導き出したものは万人に共通であるのが特徴。
そのため九星気学と奇門遁甲では、吉凶の方位が食い違ったり、正反対になることも多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL